HOME>記事一覧>「バブル崩壊」「リーマンショック」など逆風の中でも不良在庫ゼロ!西原良三氏率いる「青山メインランド」が業績を伸ばし続けられる理由
「不動産投資」は老後2,000万円問題を解決する?

「バブル崩壊」「リーマンショック」など逆風の中でも不良在庫ゼロ!西原良三氏率いる「青山メインランド」が業績を伸ばし続けられる理由

2020.05.11

「今どき、家は売れない。」

 

そう言われてから、いったいどれだけの月日が経っただろう?

 

実際に「住宅」を購入せず、生涯を通して「賃貸」に住む選択をする人は増えている。

 

「マンションの分譲」「新築一戸建ての分譲」「投資用不動産」など、様々な不動産業界において、強い逆風が吹いている中、

 

そんな社会気風に関わらず、たくましく成長を続ける企業がある。

 

それが、西原良三(にしはら りょうぞう)氏が代表取締役社長を務める「青山メインランド」だ。

 

「今どき、家は売れない。」

 

そう言われてから、いったいどれだけの月日が経っただろう?

 

実際に「住宅」を購入せず、生涯を通して「賃貸」に住む選択をする人は増えている。

 

「マンションの分譲」「新築一戸建ての分譲」「投資用不動産」など、様々な不動産業界において、強い逆風が吹いている中、

 

そんな社会気風に関わらず、たくましく成長を続ける企業がある。

 

それが、西原良三(にしはら りょうぞう)氏が代表取締役社長を務める「青山メインランド」だ。

 

昭和63年の創業以来、不動産の開発から販売まで一貫して手掛けるデベロッパーとして業界をけん引している。

 

驚くことに「1980年代」の不動産バブル崩壊、2000年代における「リーマンショックの時代」においても、不良在庫ゼロという実績で、着実に成長を遂げてきた。

 

“持ち家志向” が薄れ、投資用不動産の印象にも陰りが見える中、

なぜ「青山メインランド」は業績を伸ばし続けることができるのか。

 

昭和63年の創業以来、不動産の開発から販売まで一貫して手掛けるデベロッパーとして業界をけん引している。

 

驚くことに「1980年代」の不動産バブル崩壊、2000年代における「リーマンショックの時代」においても、不良在庫ゼロという実績で、着実に成長を遂げてきた。

 

“持ち家志向” が薄れ、投資用不動産の印象にも陰りが見える中、
なぜ「青山メインランド」は業績を伸ばし続けることができるのか。

 

 

そこには、西原良三氏が大切にしている “ある想い” があった。

 

それが、同社の考える「資産形成の本質」と徹底的な「顧客至上主義」だ。

 

「スルガ銀行問題」「かぼちゃの馬車」など、近年の相次ぐニュースで、不動産投資にネガティブなイメージを持っている人々が増えている。

 

しかし「不動産投資」という選択肢を排除してしまっては、老後に「2,000万円」程度が必要とされる時代を生き抜いていくことは出来るだろうか。

 

このような「老後2,000万円問題」が勃発して以降、むしろ投資に関して興味を持つユーザーが増えているのもまた事実だ。

 

そこには、西原良三氏が大切にしている “ある想い” があった。

 

それが、同社の考える「資産形成の本質」と徹底的な「顧客至上主義」だ。

 

「スルガ銀行問題」「かぼちゃの馬車」など、近年の相次ぐニュースで、不動産投資にネガティブなイメージを持っている人々が増えている。

 

しかし「不動産投資」という選択肢を排除してしまっては、老後に「2,000万円」程度が必要とされる時代を生き抜いていくことは出来るだろうか。

 

 

このような「老後2,000万円問題」が勃発して以降、むしろ投資に関して興味を持つユーザーが増えているのもまた事実だ。

 

 

一番手軽に始められる投資として、短期運用型投資の「株」がすぐに候補としてあがるが、
安定した運用を長期でしたければ、やはり「不動産投資」が優れているとされる。

 

最初にかかる費用が大きいため、感情的に敬遠されがちな「不動産投資」だが、
実際には価格の変動は「株式」や「FX」「商品先物取引」よりも少ない。

 

そのため「不動産投資」は毎月安定した家賃収入が得られるメリットがあり、
ミドルリスク・ロングリターンな、 “手堅い投資” との見方も多いのだ。

 

「青山メインランド」は、そのような確かな信念を持って、顧客に対してライフプランを提案するのだという。

 

一番手軽に始められる投資として、短期運用型投資の「株」がすぐに候補としてあがるが、
安定した運用を長期でしたければ、やはり「不動産投資」が優れているとされる。 

最初にかかる費用が大きいため、感情的に敬遠されがちな「不動産投資」だが、
実際には価格の変動は「株式」や「FX」「商品先物取引」よりも少ない。

 

そのため「不動産投資」は毎月安定した家賃収入が得られるメリットがあり、
ミドルリスク・ロングリターンな、 “手堅い投資” との見方も多いのだ。

 

「青山メインランド」は、そのような確かな信念を持って、顧客に対してライフプランを提案するのだという。

 

 

とはいえ、実際に投資用不動産を販売・購入するタイミングにおいて、メリットだけでなく、リスクも必ずある。

 

だからこそ「青山メインランド」は徹底した顧客志向を高め、「不安」や「疑問点」を取り除き、納得した上で不動産投資を始めてもらうことを徹底しているのだという。

 

実際に西原良三氏は、営業の責任や、教育に関して下記のように熱く語る。

 

とはいえ、実際に投資用不動産を販売・購入するタイミングにおいて、メリットだけでなく、リスクも必ずある。

 

だからこそ「青山メインランド」は徹底した顧客志向を高め、「不安」や「疑問点」を取り除き、納得した上で不動産投資を始めてもらうことを徹底しているのだという。

 

実際に西原良三氏は、営業の責任や、教育に関して下記のように熱く語る。

 

 

▼西原良三氏
「不動産は人生においてとても重要な買い物です。

 

大切な節目に携わるパートナーとしてお客様に選び続けていただくには、 “専門性” と “コミュニケーション能力” が必要です。

 

そのため弊社には、レベルアップ支援の研修や専属講師による資格取得のための手厚いサポート体制が整っております。

 

『お客様』に対しては、高品質な商品を丁重なサービスとともに提供させていただき、長年にわたり安心と信頼をお届けすることです。」

 

このように語る西原良三氏は、青山メインランドを、一代で日本を代表するマンションデベロッパーまで成長させた、並外れた経営手腕の持ち主だ。

 

座右の銘は、太平洋戦争開戦時の際の連合艦隊司令長官を務めた「山本五十六(やまもといそろく)」が残した、

 

『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ』である。

 

その信念の表す通り、“顧客至上主義” を貫くうえで、社員の教育にはひときわ熱心に取り組んでいるのだという。

 

「会議」や「朝礼」などで常に熱い激励を送りつつ、
結果を残した社員には、しっかりとした評価を行い、最大限 “労う” といった、社員思いな一面もうかがえる。

 

▼西原良三氏
「不動産は人生においてとても重要な買い物です。 

大切な節目に携わるパートナーとしてお客様に選び続けていただくには、 “専門性” と “コミュニケーション能力” が必要です。

 

そのため弊社には、レベルアップ支援の研修や専属講師による資格取得のための手厚いサポート体制が整っております。

 

『お客様』に対しては、高品質な商品を丁重なサービスとともに提供させていただき、長年にわたり安心と信頼をお届けすることです。」

 

このように語る西原良三氏は、青山メインランドを、一代で日本を代表するマンションデベロッパーまで成長させた、並外れた経営手腕の持ち主だ。

 

座右の銘は、太平洋戦争開戦時の際の連合艦隊司令長官を務めた「山本五十六(やまもといそろく)」が残した、

 

『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ』である。

 

その信念の表す通り、“顧客至上主義” を貫くうえで、社員の教育にはひときわ熱心に取り組んでいるのだという。

 

「会議」や「朝礼」などで常に熱い激励を送りつつ、
結果を残した社員には、しっかりとした評価を行い、最大限 “労う” といった、社員思いな一面もうかがえる。

 

 

そんな西原良三氏は「青山メインランド」の社員に対して、徹底的な “顧客至上主義” を大切にする。

 

「節税対策」や「目先の収支」に目的を置かず、顧客のライフプランに合わせた提案が売りだ。

 

そのため、限られた勤め先、職業の人々へ、“直接” コンタクトをとれる電話でのみ営業をするという方針を貫いているのも特徴の一つだ。

 

また自社ブランドマンションとして、

 

資産運用型マンション「メインステージ」
居住用マンション「ランドステージ」

 

の開発を行い、首都圏において毎年、安定してマンションの供給を実現している。

 

そんな西原良三氏は「青山メインランド」の社員に対して、徹底的な “顧客至上主義” を大切にする。

 

「節税対策」や「目先の収支」に目的を置かず、顧客のライフプランに合わせた提案が売りだ。

 

そのため、限られた勤め先、職業の人々へ、“直接” コンタクトをとれる電話でのみ営業をするという方針を貫いているのも特徴の一つだ。

 

また自社ブランドマンションとして、

 

資産運用型マンション「メインステージ」
居住用マンション「ランドステージ」

 

の開発を行い、首都圏において毎年、安定してマンションの供給を実現している。

 

 

 

首都圏における物件供給実績は業界内でも毎年上位に位置しており、
これまでの「ノウハウ・体制」により確立された一括借上契約で、安定的な家賃収入を提供することができるのだという。

 

様々な不安が付きまとう不動産投資において、

 

このように「開発」から「販売」「賃貸管理」「アフターフォロー」に至るまで、ワンストップで行なっている「青山メインランド」に対する信頼感はとても大きい。

 

アフターフォローも充実しており、営業担当はもちろん、関係部署が運用のアフターフォローを行ない「ライフプラン」をまるごとサポートするのだという。

 

首都圏における物件供給実績は業界内でも毎年上位に位置しており、
これまでの「ノウハウ・体制」により確立された一括借上契約で、安定的な家賃収入を提供することができるのだという。

 

様々な不安が付きまとう不動産投資において、

 

このように「開発」から「販売」「賃貸管理」「アフターフォロー」に至るまで、ワンストップで行なっている「青山メインランド」に対する信頼感はとても大きい。

 

アフターフォローも充実しており、営業担当はもちろん、関係部署が運用のアフターフォローを行ない「ライフプラン」をまるごとサポートするのだという。

 

 

「宅地建物取引士」「FP技能士」「住宅ローンアドバイザー」が個別に対応するなど、ここでも顧客に対して徹底的に寄り添うことが重視されている。

 

不動産業界への逆風が吹き荒れる中、業界をけん引する「青山メインランド」の実情を調べるうちに、

 

実はミドルリスク・ロングリターンな「不動産投資の本質」と、企業が見直すべき「顧客への向き合い方」が見えてきた。

 

▼西原良三氏
「お客様に選ばれ続ける企業になるにはどうすればいいのか、そこで導き出された答えが、『真に価値のある商品を、心の行き届いたサービスとともにお届けする』ということでした。

 

『あなたの大切なもの大切にしたい』という当社の理念のもと、常にお客様の視点に立った商品とサービスの提供をこれからもお約束致します。」

 

「目先の利益」を優先せず、「顧客ファースト」で事業を行なうことで結果、飛躍的な成長を遂げている青山メインランド。

 

どの事業においても言えることだが、今一度、自社のサービスが顧客ファースト視点になっているかどうか、見直す機会をもらった気がする。

 

「宅地建物取引士」「FP技能士」「住宅ローンアドバイザー」が個別に対応するなど、ここでも顧客に対して徹底的に寄り添うことが重視されている。

 

不動産業界への逆風が吹き荒れる中、業界をけん引する「青山メインランド」の実情を調べるうちに、

 

実はミドルリスク・ロングリターンな「不動産投資の本質」と、企業が見直すべき「顧客への向き合い方」が見えてきた。

 

▼西原良三氏
「お客様に選ばれ続ける企業になるにはどうすればいいのか、そこで導き出された答えが、『真に価値のある商品を、心の行き届いたサービスとともにお届けする』ということでした。

 

『あなたの大切なもの大切にしたい』という当社の理念のもと、常にお客様の視点に立った商品とサービスの提供をこれからもお約束致します。」

 

「目先の利益」を優先せず、「顧客ファースト」で事業を行なうことで結果、飛躍的な成長を遂げている青山メインランド。

 

どの事業においても言えることだが、今一度、自社のサービスが顧客ファースト視点になっているかどうか、見直す機会をもらった気がする。