HOME>記事一覧>「アデランス×スパイバー」が ”ホンモノ” の髪を商品化か?2021年、増毛・かつらはついに新時代へ突入

「アデランス×スパイバー」が ”ホンモノ” の髪を商品化か?2021年、増毛・かつらはついに新時代へ突入

2019.12.23


アデランス。テレビCMなどから誰もが認知している、
「総合毛髪企業」のリーディングカンパニーだ。

これまで「薄毛」に悩む老若男女の救世主として、本物と “見分けがつかない” ハイクオリティな「かつら」や「増毛」などの毛髪商品を世に送り出してきた。

特に技術が発展した1990年代からは、単に頭に被る「装飾品」としてではなく、自毛と絡ませて馴染ませる「増毛」としての技術を確立するなど、その進化は目覚ましい。

増毛商品である「バイタルEXスパイダー」。

アデランスが開発した人工毛髪バイタルヘアを使用した商品で、これまでの人工毛と比較して、不自然な光り具合も抑えられている。

増毛後、日常的にシャンプーやドライヤー、アイロンを使用できるうえに、育毛剤を併用することも可能だ。

また、これまで「値段の不透明さ」があると言われてきたかつらだが、アデランスでは “メンテナンス” や “増量” で発生する費用など明瞭な料金体系で、月々定額制で費用を支払う「定額増毛」を取り入れ普及を進めている。

まさに「毛髪事業」のリーディングカンパニーとして名に恥じない、先進的な取組みが行われているのだ。

ここまで自毛に近付けつつ、日常に浸透させることに成功している「アデランス」が、現在さらなる進化を遂げようとしていることをご存じだろうか?

「アデランス」が、とあるベンチャー企業と提携を行い、まったく新しい毛髪商品の開発に取り組むことが発表された。

タッグを組んだのは、最先端のバイオテクノロジーを駆使した商品開発を得意とする「Spiber(スパイバー)株式会社」だ。

慶應義塾大学・先端生命科学研究所初のベンチャー企業として、山形県鶴岡市に本社を構える「スパイバー」。

最近では世界で初めて「クモの糸」を人工的に量産することに成功した実績でも記憶に新しい。

その素材が商標登録もされている「QMONOS®️(クモノス)」だ。

鋼鉄の約4倍、300度の耐熱性能を誇りながら、伸縮性はナイロンを上回るという。

今後「QMONOS®️」は、強度を必要とする衣類の制作や、自動車のパーツに至るまで、あらゆる場面での活躍が期待されるという。

これまで米軍やNASAなどが精力的に「クモの糸」の生産に取り組んできたものの、いずれも実用化には至らなかった。

そんな中「スパイバー」は革新的なタンパク質を分子レベルでデザインする技術から、その偉業を達成。

その名は一躍世界中にあまねくことになった。

まさに「スパイバー」は、日本の技術力を世界に羽ばたかせる、令和の最重要企業のひとつなのだ。

そんなスパイバーと、アデランスの共同研究・開発の目的は、ただ一つ。

これまでの極限まで自毛に近付けた “本物と見分けがつかない” 人工毛を超える、“本物の髪の毛” の生成だ。

既存の人工毛は「ナイロン」や「ポリエステル」など、石油由来。

今後石油資源の枯渇により製造が困難になることも予想される。

また一部実際の毛髪による「かつら商品」も存在しているが、衛生面から装着を嫌う消費者がいるのも事実だ。

そこで “本物の髪の毛” を生成し、かつらへの使用を実現することで、これまでのウィークポイントの抜本的に払しょくすることができる。

本来の髪の毛は、人間の身体を形成する主な組織のひとつである「タンパク質」によって構築されている。

実は「アデランス」は10年以上も前から、タンパク質を原料とした人工毛の開発に取り組んできていた。

だが「強度」や「見栄え」の面から、実際の商品化に至るクオリティで量産することはできなかったという。

そこで、タンパク質繊維において最先端の技術力を誇る「スパイバー社」と提携し、“本物の髪の毛” を使用した新時代のかつら製造にアデランスは取り組んだのだ。

今回の提携により「スパイバー」の最先端バイオ技術を駆使し、遺伝子レベルでタンパク質を設計、毛髪への形成が実現することとなった。

そこにこれまで「アデランス」が培った高度な「毛髪商品技術」を合わせることで、自毛のような風合いや特徴を兼ねそなえられるという。

既に共同開発は着手されており、

2021年の商品化を目指す。

この取り組みが実現すれば、まさに “新時代” へと突入する。

これまでの石油由来の人工毛ではできなかった「カラーリング」や「パーマ」も行える、自毛さながらにスタイリングを楽しむことが可能だ。

実は「アデランス」側から5年前にも一度共同開発のオファーは行われていたといい、積年の思いが叶った形になる。

▼スパイバー株式会社
取締役兼代表執行役・関山和秀

「祖父と母が相次いで癌になり、母は抗がん剤治療で髪の毛が抜けて苦しんでいたことがありました。自分たちにもヘアドネーション(髪の毛の寄付)のようにできることがあるなら(略)」

 

薄毛に悩む人々にとって、これ以上ない救いの手になることは間違いない。


2021年。そう遠くない未来。

この革新的な毛髪商品によって、世界には笑顔と、心豊かな暮らしが広がっているかもしれない。

アデランスが作る、新時代が待ち遠しい。