HOME>記事一覧>コロナ渦で売上拡大する為の必勝法!必ずやるべき「記事LP」とは?

コロナ渦で売上拡大する為の必勝法!必ずやるべき「記事LP」とは?

2021.03.31

2020年、世界的に流行した「新型コロナウイルス」の影響により、多くの企業で売上が大幅に減少する「未曾有の事態」となった。

売上回復へ向けて、自社ECのサイトやLPを立ち上げ、「実店舗」から「EC」へと切り替える動きが活発化している。

しかし、

自社ECサイトへのアクセスが伸びない…
新規顧客をどう獲得すればいいか分からない…
思ったように売上が上がらない…

など、「EC」の拡大においても苦戦を強いられている企業も多い。

そんな中、ある企業が注目されている。

商品の魅力を最大化させるプロ集団「株式会社みらいきれい」だ。

「WebサイトやLPを作るだけでは売上は伸びません。
効果を最大限発揮させるためには、“戦略的なマーケティング”が必要なんです。」

そう話すのは、2010年からデジタルマーケティングに携わり、
これまで300社以上の「記事LP(ランディングページ)」の制作に特化してきた、代表の石渡氏。

石渡氏率いる「みらいきれい」は、常に高い成果を生み出す施策を生み出し続けており、目標CPAの達成率は驚異の「70%」を誇る。

これまで「サブスク商材」「リピート通販」「不動産」「店舗集客」「アパレル」「金融」など、業種業界を問わず幅広い業界で記事LPを制作し、多くの実績を出してきた。

▼石渡
「コロナウイルスの流行により、世の中の “人の行動” は大きく変化しました。

外食やショッピングに出かけていた時間を家で過ごすようになり、必要なものは「デリバリー」「ネットショッピング」で手に入れる。

今までWebに馴染みのなかった年代の人が使い始めるきっかけにもなり、
実店舗の売上げ減少に反して、EC業界の売上げは爆発的に伸びてきています。

しかし、EC業界の競争が激化してきたことで、今度は「差別化」が図りづらくなってきています。

従来のECでは商品を紹介する『LP(ランディングページ)』へと誘導させるのが常識でしたが、
WEB広告の発展やユーザーリテラシーの向上によって、LP自体の獲得効率に陰りが見え始めてきました。

従来のECでは商品を紹介する『LP(ランディングページ)』へと誘導させるのが常識でしたが、

WEB広告の発展やユーザーリテラシーの向上によって、LP自体の獲得効率に陰りが見え始めてきました。

“似たり寄ったりのLP”を見せるだけでは、ユーザーを購買行動に導くのは難しいのです。

LPをリアルで例えるならば、『お店の中』に入るようなイメージです。

お店(LP)の中で『商品』の “良いところアピール”
をひたすら受けているような状況です。

店員さんから『この商品、オススメですよ!』と言われてもすんなりと腹落ちできないのも分かりますよね。

だからこそ現在求められているのは、お客様が入店される前段階でのセールスです。

『職場の同僚』や『友人』などの第三者からその商品を紹介されたり、

信頼をおいているテレビなどの『メディア』で紹介されているのを見た上で店舗に来店したほうが、圧倒的に購入率は高くなります。

つまり『LP』に “来る前” が重要ということです。

「LP」の前段階で “ポジティブな情報”
をユーザーに与えてあげることで、ユーザーにしっかりと商品の魅力を伝えてあげることが重要です。

そこで現在主流になりつつあるのが、LPに来る前に “記事”
を読んでもらう方法です。

これを『記事LP』と言います。

『記事LP』では、ニュースの記事を読んでいるかのような自然な流れで、 “広告色を抑えながら”商品の魅力を伝えることが可能なんです。

記事を読み進め、商品への『理解』や『魅力』が深まった状態で『LP』に来てもらえるため、

実際に『LP』にいきなり遷移させるよりも、『記事LP』を読んでからLPに遷移させる方がCVR(購入率)が2倍ほど高い傾向が判明しつつあります。」

▼石渡
「『記事LP』はユーザーの感情に訴えかけるライティング技術が必要です。

綺麗な文章を書くスキルや、SEO記事のようにキーワードをいかに盛り込めるかなどではなく、
あくまでもユーザーが商品を“購入したくなる” 魅力づけが重要です。

ではどうやって魅力づけをしてあげるのか?

そこにノウハウを持っているのが私達の強みです。

具体的には、ユーザーに対してすぐに商品を紹介するのではなく、ユーザーが抱えている『悩み』への共感文章による“自分ゴト化” から始まり、

その悩みの『原因』と『解決策』を伝え、なぜこれから紹介する商品が優れているのか、潜在的なニーズをくすぐるコンテンツが効果的です。」

ただ広告担当者の懸念としては、
「果たして記事LPを使って本当に成果に繋がるのか?」という点だろう。

▼石渡
「まさに “制作して終わり” ではないのも、記事LPの難しさです。

もちろん最初からパフォーマンスを最大限に引き出せることもありますが、広告はあくまで“生もの” です。

効果検証・分析に基づいたブラッシュアップを繰り返し、より効果の高い『記事LP』へと育てていくことが大切です。

そのために「ヒートマップ」というツールを使い、
ユーザーが、

「どこでページを閉じたか(戻ったか)」
「どこをしっかりと読み、どこを読み飛ばしているか」

といったことに注目しながら、
現状の記事LPの『離脱ポイント』『注目コンテンツ』を明確にします。

そうしてブラッシュアップした記事を再度配信し、【変更前の記事】と【変更後の記事】でヒートマップのデータを比較・検証し、また新たな改善点を探ります。

このようなPDCAサイクルをひたすら繰り返していくことで、どんどんCVRが向上していきます。

このように『記事LP』は書いておしまいではなく、その後も記事を“育てていく” ことが必要です。

そのため弊社の記事LP制作サービスは『育てる記事』という名称をつけています。」

ここまで徹底したPDCAを継続して回転させている企業は「みらいきれい」の他にはないだろう。

すでに制作実績は300社を突破し、クライアントからの満足度も非常に高いという。

実際に育てる記事を使用し、大幅改善した事例も多数。

また、近年、非常に厳しく取り締まられている「薬機法」についてもしっかりケアをした記事を執筆しているため、“クリーンな記事で獲得したい”という企業からの問い合わせも多いと言う。

みらいきれいのビジョンは、
世の中に埋もれている価値ある商品の魅力を “最大化” することだという。

▼石渡
「良い商品であるにも関わらず、なかなかその魅力が伝えきれずに眠ってしまっている商品を、
私達の記事LPで、魅力を“最大限”に引き上げ、その魅力を皆様にお伝えする伝道師のような役割を担っています。

これからも私達の「モノの魅力を最大化させる」強みをもとに、社会を活性化していきたいと思っています」

いかがだったろうか?

コロナ流行の背景で加速するEC業界。

自社商品のマーケティングに悩みがあるようであれば、
一度「記事LP」を制作することはWeb広告の効果を改善する上で、非常に有効だろう。

詳細はこちら

記事LPの詳細はこちらへ