HOME>記事一覧>WEB広告のCVRを「131%」UPさせる?
「チャットボット決済」の効果の裏側
EFOの新常識!

WEB広告のCVRを「131%」UPさせる?
「チャットボット決済」の効果の裏側

2019.12.16

「Web広告のCVRを改善して、今より獲得数を伸ばしたい」

「月額定額制のサブスク」や、化粧品や健康食品を販売する「単品リピート通販企業」にとって、獲得効率のアップは最も重要な項目だ。

広告代理店に任せて、様々な広告施策をやり尽くしても、なかなか改善に至らず、広告効果の頭打ちを感じている担当者の方も多いのではないだろうか。

「媒体の選定」や「クリエイティブ開発」など、現場レベルの一時的な施策でCVRが向上しても、すぐに疲弊し、元の進捗に戻ってしまうことも少なくない。

その場、その場しのぎの改善施策ではなく、根本的にCVRを改善する、ダイナミックな施策が求められているのだ。

そんな中、現在、様々な企業で再注目されている、施策がある。

それが「カゴ落ち」「入力フォーム」の改善だ。

「カゴ落ち」とは、ユーザーが「申込フォーム」に遷移したタイミングで離脱してしまうことを意味する。

一般に「カゴ落ち」の割合は「68.2%」とも言われており、ECサイトを運営していれば絶対に対策しておきたい課題ではないだろうか。

様々な広告を経由させ、ようやく「申込フォーム」まで到達させた確度の高い顧客を、みすみす逃してしまうことほど惜しいことはない。

この平均「68.2%」もあるとされる「カゴ落ち」を数%でも改善できれば、売り上げを抜本的に向上させることが可能なのだ。

ユーザーの購入意欲はとても繊細で、わずかな「手間感」や「違和感」を感じただけで離脱の一因となってしまう。

従来の申込フォームは、予め空白になっている、「住所欄」「氏名欄」「支払い方法欄」などにユーザー自身が基本情報を埋めていく「記入型」が採用されていることが多く、

この形式に手間を感じ、ユーザーが、離れてしまうケースが多かった。

また近年ではスマートフォンによる購入の割合が増加したため、電車や車での移動中に購入が検討されることも多く、

乗り換えのタイミングや、他のアプリへの移動など、従来に比べて離脱のタイミングが多くなってきているのだ。

そこで、少しでもこの “手間感” を軽減させるために、
エントリーフォームの最適化(EFO)を行っている企業も増えてきた。

空白欄に薄いグレー文字で「例文」を記載したり、あと何個の空白を埋めれば完了するのかを明記したり、ユーザーを離れさせない工夫を、分析しながら散りばめていく方法だ。

このように現在様々な企業が「申込フォーム」に対策を施す「EFO」は、もはやウェブ施策の “はじめの一歩” として常識になりつつある。

そんな中、これまでの「EFO」から、さらにユーザービリティを向上させ、大きくCVRを向上させる施策が誕生し、話題になっている。

それが、申込フォームの「チャットボット化」だ。

チャットボットとの「会話」を通して一問一答式で必要情報を提示していくため、わかりやすく、シンプルな動作で購入まで完了させることができる。

私達が日常よく使う「LINE」が今やスタンダードツールになったため、チャット形式で回答していく流れは、ユーザーに与える違和感が極限まで抑えられるのも利点の一つだ。

現在の申込フォームを「会話型」に変更するだけだから、「LP」や「HP」事態に大幅な変更は必要ない。

そんな「チャット型申込フォーム」サービスを提供し、今圧倒的な注目をされているのが、
BOTCHAN PAYMENT(ボッチャン ペイメント)」だ。

「BOTCHAN PAYMENT」は、タグの挿入ひとつですぐに導入することのできる「チャット型入力フォーム」だ。

「BOTCHAN」タグをただ埋め込むだけで導入が完了するうえ、タグマネージャーでの設置可能なため、少ない工数でフォーム改善を行うことができる。

専門のスタッフがサポートしてくれるため、自社好みにカスタマイズした「チャットボット」を、最短3週間程度で実装することができる。

また「BOTCHAN PAYMENT」は、導入のハードルを下げただけでなく、本来求められている「CVR改善」に関する評価も高い。

平均CVRのアップ率は「131%」で、導入した企業の「90.7%」が利用を継続しているというのだから驚きだ。

チャットがユーザーに対して行う「シナリオ」や、「データ解析」「デザイン」も優れており、自社にあった形のチャットを作成することができるのだ。

▼実際のチャットボットのデモ画面

「日本ネット経済新聞」や「ECのミカタ」など、様々なメディアでも紹介されており、現在シリーズ累計「500社」が導入済みだ。

実際に、単品リピート通販事業を展開する「株式会社ECホールディングス」では、導入以降「カート内CVR」が「30%」も改善に至ったという。

「LPの改善はもちろんのこと、根本的なカートに課題を感じている企業は多いと思います。

BOTCHAN PAYMENT』は完全導入に3週間ほどしかかからず、しかも様々な要望に応じて親切にカスタマイズしてもらえました。

導入までがスムーズなだけでなく、その後に関しても、広告媒体タグの設置が簡単なため効果測定がスムーズに行えます。

PDCAの速度を上げることができるので、結果として『カート内CVR』が『30%』ほど改善し、満足しています。別の商材や、クロスセル用のシナリオ作りなど、これからも連携を強めていく方針です。」

このように導入までのハードルは著しく低いのに対して、その見返りは絶大として、続々と導入企業が増えているのだ。

ユーザーストレスを軽減し「カゴ落ち」を減少させることで、
売上を抜本的に最大化することができる「フォーム改善」。

少しでも気になった担当者の方は、
「BOTCHAN PAYMENT」の詳細を確認してみてはいかがだろうか。